パパ活

パパ活は男性と食事をするだけで本当にお小遣いが貰えるのか

パパ活を外からみると、「男性と食事をするだけで本当にお小遣いなんて貰えるの?!」と驚かれると思います。

また、すごく不思議に思うと思います。

「なぜ男性と食事に行くだけでお金を稼ぐ事ができるのか、嘘じゃないの?!」と思うわけです。

特に日本人は「援助交際」というような、女子高生がおじさんと性交渉をしてお金をもらうということをご存知だと思います。

そのため、女性が男性から援助してもらう、イコール売春というイメージにすぐに結び付けて考えてしまいます。

ですが、パパ活はいわゆるところの売春ではありません

しかしながら、パパ活女子としての活動を売春と結び付けて、間違った解釈で怖がっている女性がとても多いのが現状です。

そのため、今一つパパ活がなぜ男性と食事をするだけでお小遣いがもらえるのか理解できずに半信半疑のため、パパ活に興味はあるけどハードルが高いと考えている方もいらっしゃいます。

実際は売春じゃないの?

と怖いと思って居る女性のために、パパ活が成立する理由についてご紹介します。

キャバクラはお店に行って女の子とお話をするだけ

パパ活で、本当に男性はお金を出そうという気になるの?

絶対エッチしないとダメなんじゃないの?

と不安に思う女の子もいるとおもいます。

ですが、よく考えてみてほしいのですが、男性が女性に相手になってもらうことにお金を払うサービスは、援助交際だけではありません。

キャバクラや銀座のクラブを見てほしいのですが、彼女たちのいるお店に男性は足しげく通って彼女たちの中でのお気に入りの女の子にプレゼントを貢いだり、話をしたりするだけの数時間にお金を払っています。

お店に通う男性とキャバクラで働く女性は、別に肉体関係が強制されているわけではありません。

男女の駆け引きを楽しむ事はあっても、枕営業が強制される世界ではありません

つまり、男性はセックスだけにお金を払うわけではないのです。

女性と過ごす楽しい時間にお金を払うのです。

つまりパパ活で、あなたと過ごす時間が男性にとって価値があると思った時、そこに金銭を発生させてもよいと思ってもらえるわけなのです。

そのため男性を楽しませる事が上手なパパ活女子は、レストランで食事をするだけでもお小遣いをいただく事ができるようになるのです。

パパ活は個人営業のキャバクラのようなもの

パパ活はキャバクラなどのように、男性が自分と過ごす事に価値を見出してもらうために、色々なコミュニケーションを駆使します。

つまり女性は、男性と過ごすその時間に価値を作り出さなくてはいけません。

そのため、ただ単純にレストランで食事をおごって貰って過ごす1時間に時給が発生するわけではありません。

価値がある時間を提供できた時にだけ、男性があなたを認めてお小遣いをくれるのです。

パパ活女子としての活動は、個人営業をするキャバクラのようなものだと理解しましょう。

つまりはある程度のプロ意識が必要ということです。

パパ活はキャバクラよりもハードルが低い

キャバクラやクラブなどの店所属すると、必ず発生するのがノルマです。

ノルマを達成できないと罰金があったり、遅刻をしたりすると罰金があったりと、何かと大変な世界です。

ですがパパ活は自分の時間を自由に使えるので、このようなお店に所属するよりも低いハードルで始める事ができます。

最後に

パパ活は今すぐ始めようと思えば、誰でも始める事ができます。

怖いな・怪しいなと思っている人は、成功者のブログなどを見てみましょう。

あなたの知らないプチセレブな世界がそこには広がっています。

パパ活でなかなかお金を出してくれない男性と出会ったら

こんにちは、みなさんのパパ活はいかがでしょうか?

順調だよ!という女の子と、全然ダメ!とう女の子と別れると思います。

順調な女の子と、まったく稼げない女の子、違いはどこにあるのでしょうか。

ズバリそれは、パパの見切りのつけかたの上手さにあったりします。

今回は稼げる女の子がどのタイミングでパパを見切るのか、見切りのポイントをご紹介します。

お金を出してくれない男性に出会ったら

パパ活をしていると、どうしても出会ってしまうのが、「お金をまったく出してくれない男性」の存在です。

そのくせ女性には肉体関係を迫ったりして、無料風俗のように勘違いしているタイプ。

この手の男性には2パターンいます

  • ①お金を持っているドケチ
  • ②偽物パパ

このパターンのどちらかです。

①お金を持っているドケチパターン

お金を持っているドケチは、年収1000万越えもざらにいますが、本当にドケチ。

自分自身の食事もあまり高級志向ではなく、着ている服もユニクロなど。

お金を貯める事に執着してまったく使わないか、自分が楽しむ趣味にだけお金をつぎ込みます。

この①のパターンに出会ってしまったときこそ要注意。

女性は「この人に気に入られたら絶対お小遣いを貰える!」と思ってしまい、肉体関係も許したりして、結局良いように使われます。

ですが、ドケチなのでお金は一切払ってくれません。

女の子側に旨みがまったく無い、ダメな男性です。

WIN-WINですらありません。

ただあなたを搾取するだけです。

お金持ちだから、いろいろ我慢すればいつかはきっとお小遣いをはずんでくれる、という考えは絶対にやめてください。

ドケチは永遠に変わりません。

このタイプの男性は、自分の為にしかお金を使いません。

どんな事があっても絶対にあなたにお金を使わないのです。

ですからドケチタイプの男性に出会ったら、稼げるパパ活女子はさっくり見切りをつけます

稼げないパパ活女子は、いつかきっと、と思い続けてダラダラ付き合ってしまいます。

さっくり見切って次のダディを探したほうが、時間の無駄になりません。

稼げるパパ活女子は、この見切りをあっさりつけられる「余裕」があるのです。

ですが、やっと見つけたパパだし、でもでも、だって、と考えていると、時間だけを無駄にしてしまいますし、自分の精神も摩耗してしまいます。

ただの都合のよい女として使われて終わってしまうので、もったいないと思わずにきっぱり見切れるようにしましょう。

②偽物パパのパターン

偽物パパは、こちらは着ている服はゴージャスでも、連れていかれるレストランが微妙だったりと、デートを重ねるごとにお金を使わないデートになっていきます。

偽物パパは、正直いってただの貧乏。

セレブのふりをして女の子を騙して肉体関係を結びたいだけですので、これもまたあなたにとってメリットはありません。

偽物だな、と気が付いたらすぐに見切りをつけましょう。

最後に

いかがでしょうか?

稼げるパパ活女子は。最初から素敵なパパをゲットしているわけではありません。

彼女たちも偽物パパや、ドケチパパに何度も遭遇しています。

ですが、彼女たちはすぐに彼らの正体を見破って見切りをつけています。

そこが稼げると稼げないのポイントの境目になっています。

あなたがいまダラダラと付き合っているパパは、あなたの目的を本当にサポートしてくれていますか?

ただ惰性な付き合いになっていないでしょうか。

パパ活を始めた理由は、あなた自身の中に何か明確な目的があったはずです。

そこを今一度思い返し、リスクカットができる勇気が必要なのです。

パパ活は割り切ったお付き合いが正解?

パパ活で知り合ったパパとお付き合いをする上で、割り切った「お金のためだけの関係」だと考えている女性は多いと思います。

今回はパパと付き合うことについての記事をお届けします。

割り切った関係は正解?

パパ活女子として活動をしている方の多くは、お金のためだけに割り切った関係でいたいと考えています。

ですがそのような考え方でパパ活をしている女性の多くは、パパにとって三番手・四番手ぐらいの扱いしかされていません。

男性は、自分に対する心が無い事があからさまに分かると、男性にとってあなたは大切な存在ではなくなってしまうのです。

つまり、余りにも割り切った立場を崩さないでいると、いつもパパにとって特別な存在にはなれず、それなりのお小遣いしかいただけないということなのです。

それだけでも満足というタイプの女性ならもうこの記事は必要ありませんが、向上心が強く、より早く自分の目的を達成するためにパパ活女子としての活動をしたいというアグレッシブな方は、是非考えを改めてみてください。

自分の価値を高めることが大事

パパ活をしている女性は、できる限り気心をしれたパパと長期的なお付き合いをするほうが、自分自身のメンタルのためにもオススメです。

ですから、「この方だ!」という男性に出会った時は、そのパパと長くお付き合いできるように努力が必要となってきます。

素敵なパパがあなただけを見てくれるのならば立場は安泰ですが、素敵なパパには他にも女の子が居たりするわけです。

そんな中で自分の立場が三番手・四番手であると気が付いた時、絶対にその扱いで満足してはいけません。

三番手・四番手で満足していると、あなたは自分自身でその程度の価値しかないのだとパパに証明してしまっている事になるからです。

あなたは自分の価値を高めて、三番手・四番手の扱いから抜け出さなくてはなりません。

なぜなら経営者のような成功者は、価値のないものに投資をしないからです。

自分の夢を実現するために、三番手・四番手で細々とパパからの援助を受けていると、そのうち自分自身の夢や目標がダレてしまいます。

そうしていつの間にか、パパにとって都合のよい愛人という立場に収まる今の自分から、抜け出せなくなってしまうのです。

そんな未来はあまりにも惨め。

パパ活女子としての道を選んだ時、あなたには目標があったはずです。

それを忘れないためにも、中途半端な立場にならないよう気を付ける必要があります。

パパ活でいただけるお小遣いの相場は?

パパ活に興味を持っている人が気になるのは、お金のお話し。

パパ活でいったいどのくらいお金を稼ぐ事ができるの?

と皆さん気になると思います。

今回はパパ活でいただけるお小遣いについての相場をご紹介します。

パパ活の相場が気になる皆さんに

皆さんが気になるお小遣いの相場。

掲示板などで、「みんなどのくらいのお小遣いを貰ってる?」なんて質問が良くありますが、パパ活でのお小遣い相場というは中々難しいものです。

アルバイトのように時給があるわけでもなく、人それぞれ立場が違います。

なぜなら男性にとって投資に値する女性に対しては、惜しみなくお金を使いますが、価値のない女性には全くお金を使ってくれないからです。

なので相場が気になる、という考え方自体がナンセンスだったりするのです。

そこそこの中堅パパ活女子は30万円が平均

大体多くのパパ活女子を見てきた筆者での体感からすると、お小遣いは平均的に30万ぐらい頂いている人が多いようです。

もちろんこれは駆け出しの初心者のパパ活女子ではなく、ある程度のテクニックを会得している中堅どころです。

ですので初心者のパパ活女子は、月に10万以下ぐらいが多いようです。

ですが、ゴージャスで価値がある女性は、月に何百万もお手当をもらっている子もいます。

自分自身の価値を高める事が一番大事なので、平均を気にしないでコツコツと自分を磨いていくのが遠回りのようでいて、一番の近道かもしれません。

とにかく急いでお金が欲しいとき

経済的理由でとにかくお金が欲しいという女の子は、パパ活を始めるには良いタイミングと言えません。

男性に足元を見られる可能性があります。

お金に困っている事を全面に押し出すと、それだけ余裕がなく、少ないお金でも喜んで身を差し出す安い女に見られがち。

そういう時はいっそのことパパ活はストップして、すぐに仕事を始めたほうが良いでしょう。

お仕事をしつつ、心理的に安定して余裕ができてからパパ活を再開する事をお勧めします。

パパ活で得られるお小遣い

気軽に月に数万ぐらいでいい、というぐらいのスタンスで、パパ活をするほうが心理的にも楽です。

切羽詰まっていないので、あなたの余裕が男性にとって魅力的に見えます。

最初は月に数万でいいや、と思いながら続けていくと、いつの間にか月に数十万円稼げるパパ活女子になっていくのです。

ですからあまり平均を気にせずに、ノンビリやっていきましょう。

パパ活でパパが見つからない時

パパ活を始めてみたけれど全然パパとの出会いないという人は多いです。

そんな時はまず何をすればいいのか、悩む前に試してみましょう。

見直しポイントはプロフィール

パパ活をしているけどパパが見つからない時はまず初心に戻る事をお勧めします。

特にインターネットを使って活動をしている人は、自分のネット掲示板のプロフィールを見直しましょう。

この女の子とデートしたいと思わせる事ができるような魅力的なプロフィールになっていますか?

写真は適当にとっていませんか?

男性は基本的に相手に女性らしさを求めています。

そのためプロフィールでの女性らしいアピールは必須。

割り切ったセックスアピールも大切です。

ちゃんと女性らしい服装で、ちょっと胸元を強調してみたり、そんな写真で相手を引き付ける事が大切。

パパ活では肉体関係NGだから、といってまじめすぎるお堅いプロフィールでは相手は貴女に興味を持ちません。

プロフィール写真を撮りなおそう

プロフィール写真は上の項目でも言った通りとても重要な役割を果たします。

相手が貴女に興味をいただくためのきっかけになるものなので、この写真が適当ではパパはおろか、男性自信が貴女に興味を持たないでしょう。

プロフィール写真で大切なのは、顔だしですが、顔だしして会社の人にバレたくないなどの身バレが怖い人は、横顔や目元のアップ、ウィッグを付けて変装してみたり、メイクをガラッと変えてみたりするのもよいと思います。

パパ活をするときだけロングのウイッグをつけてる、という女の子も居たりします。

それでも顔を出すのが嫌なら、胸元のアップとか、セクシーなくびれとか、太ももとかの体のパーツでもOK。

男性がぐっとくるような女性らしいアピール写真が大切なのです。

プロフィール文章も見直してみて!

写真で引き付けたら男性は貴女のプロフィールを開きます。

その時にそっけない堅い文章だけだった場合、男性の興味はいっきに失せてしまうでしょう。

またプロフィールで嘘をつく人がいます。

特に年齢などは嘘をつく人が多いので、どうしても嘘をつく場合はせめて3歳程度にしましょう。

それ以上のサバ読みの場合は、話が合わなくなってしまったり、急に干支を聞かれたりしたときにこたえられません。

相手に合わせるような文章

パパ活で男性が求めている女性像は、自分に合わせてくれるような都合の良い女性です。

彼女には気を遣う男性が、パパ活では相手に気を遣おうとはしません。

つまりパパ活をするなら、男性のワガママに合わせられるようなアピールをしたほうがもてます。

自分の都合に合わせてくれるような女性と付き合いたいと考えている既婚者は、世の中に沢山おります。

そのため、セカンド女性としてお互いにWin-Winに契約できるような、都合のつく女性を演じてあげるのが、パパ活でパパをゲットするために必要なテクニックなのです。

基本的にパパをするような男性は既婚者が多く、奥さんにバレない範囲で女の子と遊びたいと考えています。

そういう相手が選ぶ女性は「気の強いワガママな女の子」というのは少ないです。

なぜなら気が強い女の子と付き合うと、家庭に干渉されるようなリスクが生じる事があるからです。

ですので「貴方のいう事はなんでも聞きます」というような、都合の良い女性を男性は求めています。

パパ活をするなら、自分の本質がワガママタイプでも、割り切って都合のよい女性を演じられるような女の子が有利なのです。

最後に

パパ活が上手くいかない女の子はプロフィール写真が適当だったり、プロフィールからにじみ出るような我の強いオーラがあったります。

自分の本来の性格が、自分が一番じゃないと気が済まない!

というタイプの女の子でも、プロフィールは謙虚に優しい雰囲気に直してみると、途端に男性からのアピールが増えたなんて事もあります。

日本人の男性の多くは、自分のいう事を聞いてくれる貞淑なタイプの女性を求めているのです。

そういう男性が望む女性を演じられる女の子は、パパ活に向いているのです。

パパ活で発生してしまうトラブルについて

パパ活をするときには、トラブルが発生する可能性があることを事前に理解しておきましょう。

どのようなトラブルがあるのか知っておくことで、危険を回避できます。

また安全に活動をする上でも最大限の自衛になりますので、皆さんしっかり勉強しておきましょう。

よくあるトラブル

パパ活は女性にとって多くのメリットがありますが、何も知らない若い女の子たちが活動に参加する事によって、悪い大人に騙されてしまうようなトラブルが発生することがあります。

実際にパパ活をしている女の子達が遭遇したトラブルなどを、ご紹介いたします。

肉体関係の要求

パパ活でよくあるトラブルの第一が肉体関係の要求です。

あくまでもデートを楽しんだり、趣味に付き合ったりするのがパパ活ですが、そこにパパから肉体関係を強要されるような場合があります。

女の子のほうがパパ活をしているつもりでも、相手の男性はふつうのお付き合いのつもりだったり、援助交際のつもりだったりするような時に、このようなトラブルが発生します。

特に援助交際と勘違いしているようなタイプの男性の時が厄介で、お金さえ払えば何をしてもいいと思っている場合もあります。

このようなトラブルが起こる原因の第一位は、相手がパパ活の相手であるという理解がない事です。

女の子がお付き合いをするときにきちんと説明をして、お互いが納得した上でお付き合いするのがマナーですが、それをせずにだますようにお付き合いに持ち込んでしまった場合、いざというときにこのようなトラブルになります。

回避方法としては、事前に自分は肉体関係を持つつもりがない事を男性にしっかり説明し、それでもOKであればパパ活お付き合いを開始する、というようにしましょう。

騙されてホテルに連れていかれた

事前にパパ活のOK範囲を男性に理解してもらいお付き合いを始めたのに、騙されてホテルに連れていかれ、無理やり肉体関係を結ばされるという事があります。

これは強姦になり犯罪ですので、そのような気配を感じたらすぐに逃げて男性とはお別れしましょう。

だましてホテルに連れて行こうというような男性は、いつも強引に肉体関係の誘いをしてきます。

断ってもしつこい男性の場合は、貴女との約束を軽いものだと考えています。

信頼できないというようなことがある男性とは、なるべく距離を取りましょう。

レストランでおいて行かれた

パパ活という活動は、メディアやインターネットでも周知されてきました。

そのため男性の中には、パパ活で楽してお金を稼ごうと考えているような若い女の子をターゲットに、嫌がらせをしようと考えている愉快犯が居ます。

彼らはパパのふりをして女の子をデートに誘い、高級なレストランに連れてきます。

そこで一緒に食事をした後、トイレなどといって席を外し、そのまま女の子を置いて逃げてしまうのです。

もちろんレストランの支払いは女の子がしなくてはいけません。

このような被害が何件かありますので、信用できないような空気を感じたらデートの誘いに応じないというような自衛が必要です。

最後に

パパ活にはどうしてもトラブルがつきものです。

ですので正直あまり世間をしらない学生や若すぎる女の子には、傷つく事もあるでしょう。

このようなリスクが一切ない、楽しいだけで、楽してお金を稼げる活動と考えている女の子は、痛い目に合う可能性があります。

逆に、あらかじめリスクを承知して身構えて相手を疑えるような人を見る目のある大人の女性は、うまく活動することができるでしょう。

パパ活をする上で気を付けるべきことは、あらかじめリスクがあるという事を承知しておくことなのです。

皆さんもしっかり自衛して活動に勤しんでください。

パパ活でパパから体の関係を求められてしまったら

パパ活をしていると、こういう事がまれにあります。

お付き合いをしているうちにパパから肉体関係のお誘いをされてしまいどうすればいいのか、というタイミングです。

基本的には肉体関係OKかNGかは、人によって様々かと思いますが、絶対に嫌だという女の子のために回避方法をご紹介します。

断り方について

パパ活をする上で、パパ相手の男性には最初から条件を提示しましょう。

ここでしっかりお互いの納得の上でお付き合いするのが重要です。

そこでお互い条件を確認しあっていれば、いざ肉体関係に誘われた時に「最初にした約束と違う」というように、正面から断る事ができます。

その時にきつく断ってしまうと今後の関係に悪影響があるため、「最初に約束したよね?」というように、相手に問いかけて理解してもらうような言い方のほうがよいでしょう。

相手を信用していたのに、というように悲しそうに話すと、男性側の罪悪感を引き立てます。

けんか腰に断ると、相手もイラッとしてしまい、トラブルになってしまいます。

パパ活で肉体関係を迫られた時

パパ活は活動をするうえでは、上記で説明したように、最初に肉体関係OKかNGか自分でルールを決めます。

NGの場合は、食事を楽しんだりデートを楽しんだりはOKで、普通のカップルのような時間を提供しますが、肉体関係に関してはNGという人です。

ですがパパのほうも、最初はそのお付き合いで満足していても、デートの回数が増えてお互いに慣れてきたころになると、体の関係を求めてくるようになる場合が多々あります。

このときに流されてしまって肉体関係OKにしてしまう女の子がいますが、最初に肉体関係はNGだと決めているのであれば、流されてしまってはいけません。

流されてしまうと「この女案外チョロイな」というように男性に思われてしまい、自分自身の価値を下げてしまうのです。

価値の下がってしまったものに、男性はお金を掛けたがりません。

そういうわけで、パパ活をする上ではあまり肉体関係を簡単にOKしてしまうのは考え物なのです。

肉体関係アリはなんでダメなの?

基本的にパパ活はあくまでも援助交際や売春ではなく、個人営業のキャバクラのようなものです。

相手を楽しませる事で、その時間に見合ったお手当をもらう活動がパパ活です。

そこに肉体関係が入ってしまうと、これはもう売春であり、援助交際になってしまいます。

パパとお付き合いしていくうちに相手に好意をもって、それで肉体関係もOKかな、とういような恋愛感情のある進展ならもちろん構いません。

ですがお金のために相手と寝るようになってしまうと、自分自身を貶めてしまいます。

それか必ず貴女のメンタル面にも悪影響を及ぼしてしまいます。

生活や将来の夢のためにパパ活を始めたのに、精神を病んでしまっては元も子もありません。

まとめ

パパ活で肉体関係を断るのは、怖い事かもしれません。

相手から嫌われたり、せっかく見つけたパパが肉体関係NGのせいで別れてしまったりするリスクを恐れて、なし崩しにOKしてしまう女の子が居ます。

ですがすぐにOKしてしまう女の子は、結果としてすぐにパパに捨てられてしまいます。

男性はすぐに手に入ってしまうものには飽きてしまい、大切にしません。

パパ活をする女の子は、いつまでもパパに魅力的に感じてもらい、興味を持ってもらう必要があるのです。

ですので肉体関係を誘われた時、「お金もらってるし・・・しょうがないか」というように惰性で肉体関係をOKしてしまうと、かえってそれは貴女のパパ活をする上での自分自身の価値を下げてしまう行為です。

勇気をもって断れるように、皆さん強くなりましょう。

それがパパ活をする上で一番大切な事なのです。

パパ活での初デートでは何を気を付ければいいの?

いざパパ活でデートが決まったときに、何に気を付ければいいの?

という疑問にお答えします。

理想的な相手との出会い方

パパ活をしている女の子が、最近はどんどん増えてきています。

雑誌やネットの世界だけではなく、テレビなどでも話題になってきており、これからパパ活を始めようと考えているライバルもたくさんいます。

パパ活は正直なところかなりグレーな活動なので、あまりパパ活をやっていることを大々的にSNSや友達などにアピールするのはお勧めできません。

ですが、パパ活をすることで得られるメリットはとても多く、セレブな世界を垣間見る事ができたり自分の将来の夢の実現のための資金を手に入れたりすることができます。

自分の目標が明確になっている女の子には、パパ活は一つの手段としてお勧めできます。

逆に何となくお金がほしいと考えている女の子は、目的意識がぼんやりしているのでパパ活には向きません。

パパ活は、理想的なパパを見つけるまでがとても時間がかかるものなのです。

ネットを利用してパパを探す

パパ活でのパパ探しは、効率を優先させましょう。

今から始められるのは、出会い系サイトなどを利用したパパ活です。

自分の理想の相手や条件を提示しやすいので、初めからマッチングしない相手を省く事ができます。

初デートにつなげるためには

パパ活でパパ候補を見つける事ができれば、後はデートなどの対面でのイベントが発生します。

この最初のデートで相手に気に入ってもらえないとパパにはなってもらえませんので、最初のデートはしっかり気合を入れて挑む必要があります。

この子を金銭的に援助したいな、と思ってもらえるような女性になる必要があります。

こういう女の子は嫌われる

パパ候補とのデートで、こういう女の子は男性からあまり好かれません。

  1. ワガママが多い
  2. 行きたい場所を自分だけで決める
  3. おごってもらって当たり前の態度

パパ候補だしごはんをおごってくれるのが当たり前じゃない?

割り勘なんてないわー。

と思うかもしれませんが、おごってもらうにしても、最初から「当たり前」というような態度が出ている女の子には男性は「なんだこいつ」と思います。

ご馳走になってもいいんですか?

というような謙虚な態度で、そして実際におごってもらえたら大げさなぐらいに喜んでくれる女の子のほうが可愛いと相手は感じます。

特に容姿に自信がある美人な女の子に、これらの態度が見受けられます。

こういう女性は最初こそ男性に「美人だな」と興味を持ってもらえますが、中身に可愛げがないので、パパ候補とのデートはすぐに終わってしまいます。

素敵なパパを見つけても、相手にも選ぶ権利がありますので、中身も外見も可愛いなと思ってもらえるように注意しましょう。

こういう女の子が男性には好かれる

  1. 待ち合わせに遅れない
  2. ニコニコ笑顔で話しかけやすい
  3. 外見に気を使っている
  4. 男性をおだててくれる

パパ活は相手にいかに気持ちよく過ごしてもらうかという、ある意味「サービス」に特化できる女の子がモテます。

男性が貴女に投資しようと思えるのは、「自分が気持ちよく過ごせる時間を提供してくれる」からです。

キャバクラで働いている人は、仕事だから男性に愛想が良いです。

何を言っても男性を立てます。

それはお仕事だからです。

男性はそのサービスの対価としてお金を払います。

パパ活も同じです。

一緒に居て楽しい、居心地が良い、そういう風に感じさせてくれるプロフェッショナルな女性には、資金援助をしてもいいと男性は思えるのです。

自己主張の強い女の子はパパ活には向かない?

自己主張が激しくて、自分が自分がというような自己中心的なタイプの女の子は、パパ活には向きません。

先ほども紹介したとおり、パパ活は個人で営業するキャバクラのようなサービス業であると考えて、割り切る事ができる女の子が強いです。

相手を思いやって、相手が楽しく過ごせるような時間を提供するのがパパ活。

自分が楽しいとか、自分が男性からチヤホヤしてもらいたいから、というような女王様のような気分では勤まりません。

中には気の強い女性に引っ張ってほしいという願望で、出会い系サイトに登録している男性もいるかもしれませんが、その見極めは難しいです。

最初からワガママ全開、私のためにお金を使って当たり前でしょ?

というような気分でパパ活をしていると失敗します。

最後に

パパ活の初デートの時に失敗しないためには、まずパパ活が相手にチヤホヤしてもらうために行うものではない事を理解しましょう。

パパ候補の男性をいかに自分と一緒に居る時間楽しんでもらう事ができるか、という事を考えてデートをしましょう。

そうすることでパパ候補は貴女との時間を楽しみ、「また会いたいな」というようになっていきます。

相手を思いやる事、それがパパ活初デートの時に注意する最大のポイントです。

パパ活と援助交際や愛人って何が違うの?

パパ活は、パパとして出会った男性とショッピングをしたり、デートをしたり、一緒にどこかにいったりする事です。

食事をご馳走してもらったり、生活を援助してもらったり、相手によっては肉体関係もある場合もあります。

パパの多くは資金的な援助を女性にしても問題のない、裕福な方や、職業についている男性です。

ですがパパ活においては、セックスを必ずしもしなくてはいけない事ではありません。

本人同士、お互いがOKな場合のみ成立します。

女の子がNGなら、それを無理にするのはありません。

最近レンタルおじさんというサービスがあるのを聞いたことはありますか?

あれと似たような感じで、パパと過ごす貴女の時間を、パパに対価としてお金を払ってもらうのです。

レンタルおじさんのパワーアップしたバージョンがパパ活だと考えて、活動すればよいと思います。

パパを探す方法としては、出会い系サイトなどを使うのが主ですが、基本的に男性の身分証明書の提出を義務付けている、安心運営の出会い系サイトであれば、あまり危ない異性との出会いはありません。

逆に怪しい出会い系サイトを利用してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があるので、パパ活をするうえではパパ活サイトなど、ちゃんとした運営のサイトを利用するようにしましょう。

愛人とパパ活の違いってなに?

お金をもらって男性とお付き合いするなんて、愛人と何が違うの?

と思うかもしれません。

ですが愛人とパパ活の大きな一つはズバリ、セックスが有りか無しかです。

愛人や援助交際は、セックスをすることに対して発生する対価がお金になります。

要するに売春ですね。

しかしパパ活はセックスの必要はありません。

貴女と過ごす時間に対価としてお金が発生するのです。

イメージとしては個人営業しているホステスさんのようなものです。

銀座のクラブなどのホステスさんと、風俗嬢は違いますよね。

そういうことなのです。

もちろんパパ活をしている女の子で、パパのことが個人的に好きなので肉体関係を結んでいる子もいると思います。

ですがそれは結果としてそうなっただけなので、最初から「絶対にエッチしないとだめなんだ・・・」というような悲壮な覚悟で活動する必要はありません。

したくなければしなくてよいのです。

パパ活を成功させたい!その方法は?

パパ活を成功させるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

まず大切なのが、出会い系サイトの選び方です。

出会い系サイトの中にはサクラばかりのサイトだったり、女性会員ばかりで男性会員が少ないサイトなど、バランスが悪いものもあります。

また集まる男性がリッチではない、どちらかというとあまり裕福ではない男性ばかり集まるサイトもあります。

そのようなサイトを使ってパパを探しても、見つかるはずはありません。

ですので、まずはしっかりパパに出会えるサイトを選んでいきましょう。

出会えるサイトの目利き方法は?

出会い系サイトでパパ活をするなら、下記のポイントをクリアした出会い系サイトを使用しましょう。

  • 男性会員が有料(入会金が高いほうがリッチな男性が多い)
  • 身分証の提出が必須
  • 会員数が多い

この3点は絶対に抑えていきましょう!

パパ活で気を付けたい掲示板を利用する上での約束事

パパ活をする上で出会い系サイトや掲示板などを利用しますが、実はこの掲示板などで金銭面などの援助を目的にした内容を大っぴらにしてしまうと、掲示板などの違反行為とみなされてしまう事があります。

その大きな理由は、近年出会い系サイトを利用して知り合った男女でのトラブルや犯罪が、非常に増えているからです。

そのため出会い系サイトの運営側も、トラブルになりそうな書き込みなどはできないようにセキュリティ意識を高めているのです。

書き込み内容のチェックなどをしているので、お金がほしい!

というような援助交際を匂わすような書き込みを続けていると、アカウントが凍結されてしまい、書き込みが一切できなくなってしまうなんてこともあり得ます。

書き込みで使用を避けたいキーワード

それではどういう書き込みキーワードで、運営はチェックをしているのでしょうか?

それはズバリ、以下のようなキーワードです。

  • 援助
  • お金
  • ホテルOK
  • パパ募集

このようなキーワードはお金が絡む援助交際を彷彿とさせるため、出会い系サイトの運営はチェックしています。

見つかった場合は、書き込み内容を削除されたり、強制退会などがあります。

パパという言葉を出さずにどう掲示板を書けばいいの?

パパ活とかパパ募集とか援助とかは書かずに、一体どのようなプロフィールを書けばいいのか分からなくなってしまった方のために、参考までに、パパ活をしている女の子が出会い系サイトで使っているプロフィール文言についてご紹介します。

  • 美味しいごはんに連れて行ってくれる人募集です!
  • 大学に通うために、サポートしてくれる人募集です!
  • 海外留学にいきたいけど中々難しい・・・夢を叶えるお手伝いをしてくれる人とデートします!

などなど、遠回しの表現で書き込むようにしましょう。

掲示板には自分の電話番号やメールアドレスなどは、載せないほうが良いです。

このようなアピールをしているので、問い合わせ件数は少ないかもしれませんが、それでも連絡してくれるパパ候補は居ます。

気長にやっていきましょう!

パパ活にはリスクはないの?

パパ活をするなら、あらかじめどのようなリスクがあるかを把握してから始めなくてはいけません。

知識のあるなしでは、大きな差がでてきます。

まずパパとの連絡では、個人の携帯電話やメインでつかっているメールアドレスなどの連絡手段を直接教えるのはNGです。

無料で取得できるメールアドレスなどを利用します。

これはなぜかというと、電話番号を教えたり、本名を教えたり、住所を教えたりすることによって、後々起こるトラブルを回避することができるからです。

もしパパ相手がストーカーになったりして、貴女の本名や住所を知っていたらどうしますか?

貴女が家族に内緒でパパ活をしているのに、本名がバレてしまったせいで、実家や両親や友達にまでパパ活をしている事をバラスぞ!と相手が脅してくる事も考えられるのです。

このようなリスクを考えて、相手には自分の個人情報などは与えないようにしましょう。

また、掲示板から連絡してくる男性は、貴女がパパを探していると気が付いていない場合もあります。

単純な出会い目的だと考えて、デートや恋人になりたいと純粋に思っている場合もありますので、こういう方の場合は、援助目的であることを説明して、パパになれないならお断りしましょう。

ダラダラとお付き合いすることは、双方にとっての時間の無駄です。

パパ活では肉体関係はあるの?

パパ活において、肉体関係あるなしは自分で決める事ができます。

ただし、一番最初にパパと契約する前に、しっかり相手に理解してもらう事が重要です。

パパは肉体関係があるから援助しているつもりだった場合、トラブルになってしまうからです。

ここは一番重要なところなので、しっかり話し合いましょう。

最初のデートは人の多いところで

パパになってもいいよ、と言ってくれる男性を見つけたらいよいよデートです。

ですがこの最初のデートでは、できるだけ日中にして、人気の多いレストランなどでのデートにしましょう。

信頼できるようになるまでは、あまり二人きりにならないほうが得策です。

なぜかというと、「パパになってあげるよ」というように嘘をついて、ホテルに女性を連れ込み、その後援助を一切せずに逃げてしまうような「偽物パパ」という男性が中にはいるからです。

このようにパパ活は相手が信頼できると確信が持てるまでは、しっかりと気を張って自衛しながら活動するほうがトラブルに巻き込まれません。

パパ活にお勧めの職業と、そうではない職業

パパ活に向いている職業と、向いていない職業があります。

皆さんはお金をもっていそうな男性の職業は、何だと思いますか?

お医者様や弁護士さん、会社社長などが思いつくと思います。

そのほかにはどのような職業が思いつくでしょうか?

人によっては様々かと思います。

パパ活をする場合、出会い系サイトや掲示板などを使って、パパ候補になりそうな男性を探す事から活動は始まります。

パパ活の目的は経済的な援助をしてもらう事なので、ここでパパ候補は、できるだけ経済的に余裕がある人がターゲットになります。

そのためパパを探すときには、収入が高い仕事についている男性を探すことが重要になってきます。

お勧めは上場企業の社長や役員などですが、そのほかにも自営業の社長や、経営者などの社会的地位が高い男性もお勧めです。

このような男性とお付き合いすると、学生の方は社会勉強にもなりますし、人生においてプラスになる事が沢山です。

またこのように地位のある男性の場合は、トラブルになりにくいというメリットもあります。

社会的地位が高い人の場合は、失うものが大きいため、あまり危ない橋はわたりたくありません。

援助交際や未成年デート、性犯罪などとは関わりたくないと考えているので、犯罪に巻き込まれにくい相手なのです。

収入の面でも安定しているため、パパにするならこのような職業の男性をぜひおすすめいたします。

逆にパパ活に向かない男性の職業のNo1は、弁護士などの士業系の男性です。

社会的地位も高くお金を持っているお仕事の方ですが、法律に詳しく、何かトラブルを起こしたときには絶対にコチラが負けます。

またトラブルが発生して相手を訴えたいと思っても、相手が弁護士なので、勝ち目はありません。

相談に乗ってくれる弁護士も、弁護士同士で争うのは嫌います。

とにかくパパ活は相手の職業を把握して、それらの職業についている男性を探す事から活動は始まります。

募集地域は狭めないように気を付ける

パパ活をするとき、都内にお住まいの方はおそらく東京限定でパパを探すと思います。

また地方にお住まいの方は、ご自身が住んでいる地方でパパを探そうとします。

しかしこれは、実はあまり効率の良いやり方ではありません。

地域を絞り込みすぎていると、非常にもったいないです。

例えば北海道に居る人が、出張のときにパパになってくれることもありますし、リッチなパパの場合は、旅行がてらの交通費を出してくれる人もいます。

自分で遠出してもこのぐらいまでならいけるかな、という人は対応地域について広げてみましょう。

元々愛人を募集している男性は、住んでいる地域よりも外に女性を作りたいと考えています。

それは奥様が居る場合遠方に住んでいる女性とのデートはバレにくいからです。

このようなニーズがあるので、パパ活をする上では自分が住んでいる地域以外でもパパを探してみるのがおすすめです。

パパ活お勧めの検索条件

ここまで読んでみて、具体的な検索方法が思いつかない方のために、パパ活をしていてどういう風に検索すればいいか迷う人には、検索条件のサンプルをご提供します。

  • 年収1000万以上 自営業 経営者
  • 年収1000万以上 開業医

このように年収+職業で検索するのがおすすめです。

年収は最低でも1000万円以上にしましょう。

また趣味などでお金持ちの方が興味のある「乗馬、ゴルフ、投資、車」などでも検索してみるのが良いでしょう。

出会い系サイトの機能を徹底的に利用

出会い系サイトの場合は、女性のプロフィールを閲覧した人の足跡が分かる足跡機能がついています。

この機能を使用して、自分のプロフィールに興味をもってくれた男性を徹底的にリサーチしましょう。

その時に、高所得の職業についていたり、裕福そうな雰囲気に見えたら、メッセージを送ってみるなどしてみましょう。

パパ活をする場合、出会い系サイトで男性のプロフィール検索をするのは有効ですが、自分に興味を持ってくれた足跡も徹底的に利用しましょう。

少なくとも貴女からアタックするよりも、一度あなたのプロフィールを見ている相手にアタックするほうがデートは実現しやすいです。

高校生がパパ活をするリスクについて

パパ活をしようと考えている高校生の皆さんに読んでほしい記事を書いてみます。

パパ活ですが、最近はインターネットでも話題になってきており、SNSやお友達で活動をしている女の子も居るかもしれません。

男性とデートをするだけでお金を稼ぐ事ができる。

インターネットやSNSなどでは、一見手軽で手っ取り早くお金を稼げる方法のように書かれている情報サイトも沢山あります。

そのような一見お手軽そうな情報を見て、大学進学のためにお金を稼ぐために活動をしてみたいなと思っている学生さんも、中にはいるのでしょうか?

学費のためにパパ活でお金を稼ごうと考えている女の子のために、あらかじめパパ活のリスクについてご紹介しておこうかと思います。

(※パパ活サイトなどは法律で18歳未満の利用が禁止されてます)

勉強時間が削られるリスク

パパ活女子としての活動は、理想的なパパを見つけるまでにかなりの時間を費やすのが一般的です。

パパ活サイトに登録したり、パパが居そうな場所で趣味を始めてみたりしてパパ候補を見つけていきます。

そしてデートをしたり食事に行ったりして、相手が自分にとってのパパになってくれるかの見極めをします。

人によっては、何十人もの男性とデートをしてます。

デートも夜だけのお食事デートや、1日中をつかったデートなど、拘束される時間はかなりのものでしょう。

学生さんの場合は、本業は学業のはずです。

その時間が大きく削られてしまうリスクがある事を承知してください。

できれば高校生などの若い女性には、あまりパパ活をお勧めできないのがこれらが理由です。

大学生になれば授業などは融通がききますが、高校生はしっかり決められたスケジュールで毎日勉強していると思います。

ですので学生で、ましてや高校生がパパ活をするのは、自分自身の学業の時間を削られてしまうリスクがあることを知りましょう。

パパ活だけの稼ぎで進学は難しい

進学するための費用のために、学生のうちからパパ活をしようと考えている場合は、冷静になって進学に必要な費用を良く考えてみましょう。

大学入学に必要な費用は数百万からになりますが、パパ活のみで進学費用を捻出しようと考えると、並大抵の労力ではかないません。

デートの数もそうですし、お金を持っているパパを見つけるまでに、沢山の男性とお付き合いしないといけないでしょう。

本来は勉強して大学に進学するためにパパ活をしているのに、パパを見つけるために勉強がおろそかになってしまうというような、本末転倒な事態になる事もあり得ます。

パパ活は、その労力に見合うだけの金銭を必ず得られるとは限らないのです。

それであれば奨学金などを利用して大学進学し、その返済のためにちょっとした生活のプラスとしてパパ活を利用するほうが賢い選択かもしれません。

目的を見失いがちに

学生さんがパパ活をする事をあまり奨励していないのは、これらのように目的と手段が逆転してしまい、本来自分が何をすべきなのかを見失ってしまう人がとても多いからです。

進学するためにお金を稼ぎたい!と考えてパパを見つけるためにキャバクラに入ったのに、いつの間にか夜の仕事にどっぷり浸かってしまい、進学をあきらめてしまったりする人はとても多いです。

よほどの意志がない限り、進学のための金策として学生さんがパパ活をするのはあまりお勧めできません。

このようなリスクがある事を理解しましょう。