パパ活を始めてみたけれど全然パパとの出会いないという人は多いです。

そんな時はまず何をすればいいのか、悩む前に試してみましょう。

見直しポイントはプロフィール

パパ活をしているけどパパが見つからない時はまず初心に戻る事をお勧めします。

特にインターネットを使って活動をしている人は、自分のネット掲示板のプロフィールを見直しましょう。

この女の子とデートしたいと思わせる事ができるような魅力的なプロフィールになっていますか?

写真は適当にとっていませんか?

男性は基本的に相手に女性らしさを求めています。

そのためプロフィールでの女性らしいアピールは必須。

割り切ったセックスアピールも大切です。

ちゃんと女性らしい服装で、ちょっと胸元を強調してみたり、そんな写真で相手を引き付ける事が大切。

パパ活では肉体関係NGだから、といってまじめすぎるお堅いプロフィールでは相手は貴女に興味を持ちません。

プロフィール写真を撮りなおそう

プロフィール写真は上の項目でも言った通りとても重要な役割を果たします。

相手が貴女に興味をいただくためのきっかけになるものなので、この写真が適当ではパパはおろか、男性自信が貴女に興味を持たないでしょう。

プロフィール写真で大切なのは、顔だしですが、顔だしして会社の人にバレたくないなどの身バレが怖い人は、横顔や目元のアップ、ウィッグを付けて変装してみたり、メイクをガラッと変えてみたりするのもよいと思います。

パパ活をするときだけロングのウイッグをつけてる、という女の子も居たりします。

それでも顔を出すのが嫌なら、胸元のアップとか、セクシーなくびれとか、太ももとかの体のパーツでもOK。

男性がぐっとくるような女性らしいアピール写真が大切なのです。

プロフィール文章も見直してみて!

写真で引き付けたら男性は貴女のプロフィールを開きます。

その時にそっけない堅い文章だけだった場合、男性の興味はいっきに失せてしまうでしょう。

またプロフィールで嘘をつく人がいます。

特に年齢などは嘘をつく人が多いので、どうしても嘘をつく場合はせめて3歳程度にしましょう。

それ以上のサバ読みの場合は、話が合わなくなってしまったり、急に干支を聞かれたりしたときにこたえられません。

相手に合わせるような文章

パパ活で男性が求めている女性像は、自分に合わせてくれるような都合の良い女性です。

彼女には気を遣う男性が、パパ活では相手に気を遣おうとはしません。

つまりパパ活をするなら、男性のワガママに合わせられるようなアピールをしたほうがもてます。

自分の都合に合わせてくれるような女性と付き合いたいと考えている既婚者は、世の中に沢山おります。

そのため、セカンド女性としてお互いにWin-Winに契約できるような、都合のつく女性を演じてあげるのが、パパ活でパパをゲットするために必要なテクニックなのです。

基本的にパパをするような男性は既婚者が多く、奥さんにバレない範囲で女の子と遊びたいと考えています。

そういう相手が選ぶ女性は「気の強いワガママな女の子」というのは少ないです。

なぜなら気が強い女の子と付き合うと、家庭に干渉されるようなリスクが生じる事があるからです。

ですので「貴方のいう事はなんでも聞きます」というような、都合の良い女性を男性は求めています。

パパ活をするなら、自分の本質がワガママタイプでも、割り切って都合のよい女性を演じられるような女の子が有利なのです。

最後に

パパ活が上手くいかない女の子はプロフィール写真が適当だったり、プロフィールからにじみ出るような我の強いオーラがあったります。

自分の本来の性格が、自分が一番じゃないと気が済まない!

というタイプの女の子でも、プロフィールは謙虚に優しい雰囲気に直してみると、途端に男性からのアピールが増えたなんて事もあります。

日本人の男性の多くは、自分のいう事を聞いてくれる貞淑なタイプの女性を求めているのです。

そういう男性が望む女性を演じられる女の子は、パパ活に向いているのです。